施工事例

床鳴りのリフォーム

Details

床鳴りの補修です。
床鳴りと言っても、下地によって原因は様々で今回は、『置き床』で一般的な木造住宅の根太組と違い木材を組んで下地を作るのでなく専用の器具を使って下地ボードを組む工法です。
マンションの床では主流な工法です。

下地のボードを開口するとアジャスターがありますが今回は、このアジャスターの不良で歩くと『ギシギシ』きしむ音がしていました。
不良のアジャスターを撤去して、新しいアジャスターをセット高さを調整していきます。

開口した部分に、補強をかねて多めにセットしていきます。
この時に、バランスが悪いと床鳴りの原因になります。

上から新しいベニヤを張って終了です。
今回は、アジャスターの不良ですがめったになくほとんどがクギやビスの緩み・施工不良が原因です。

Sort
リビング
Rascal Copyrights © 2017 All Rights Reserved .